¥5,500以上のご注文で国内配送無料キャンペーン実施中

SLEEVE BAG

SLEEVE BAG

『SLEEVE BAG』は、着物の袂(たもと=袖=SLEEVE)同様の平らな形状であることから名付けられました。
また、「たもと」には、「山のたもと」「橋のたもと 」と言うように、「ふもと・そば・かたわら」というような意味もあり、
いつでも使える身近な存在として、常に持ち歩いて欲しいとの思いも込められています。

かつての日本では、手ぬぐいをボロボロになるまで様々な用途に使い、 最後にはかまどにくべて燃料の足しにまでしたというほど大切に使われていました。
この手ぬぐい本来の使い方やものを大切にするという心を伝えたいという思いと共に、 無駄のないもの作りを目指し『SLEEVE BAG』は生まれました。
また、手ぬぐいの使いみちが分からないという人にも、手ぬぐいの風合いや染めの味わいを知ってもらうことができると考え、
誰でも手軽に使えるバッグというアイテムを選択するに至りました。

『SLEEVE BAG』は、日本の伝統 染色技法「注染」で染められた、HIROCOLEDGEのオリジナル手ぬぐいから作られています。
1枚の手ぬぐいを断裁することなく、全て直線で縫い合わせるだけでバッグの形状に仕立てているのが特徴です。
手ぬぐいは35cmほどの幅で織られているサラシを染めたもので、生地の両サイドが「耳」となっているため、
裁断および縫代の処理が不要であり、生産工程においても無駄がありません。
ボタンや持ち手などの付属品がないため、繰り返しの使用により劣化した際には、雑巾としてお使いいただき、燃えるゴミとして廃棄していただけます。
また、手ぬぐい同様に選択が可能で乾きやすく、手ぬぐい一枚分なので、畳めば小さくなり、ポケットやバッグの中でも嵩張りません。
もちろん、手ぬぐいとして手を拭くこともできます。

※HIROCOLEDGEの手ぬぐいは、2019年11月に経済産業大臣から国の伝統的工芸品の指定を受けた「浪華本染め」(注染)にて染められています。

  • 1